広告業界志望者がGoogle広告認定試験に合格しておくべき理由をお話しします。

20新卒でWEBマーケターになった、なめこ汁です。今回はGoogle広告認定試験についてお話しします。

 

結論、Google広告認定試験は絶対に合格しておくべきです。

 

というのもHARBESTの調査では2018年の時点でGoogleに支払った広告費は国内だけで少なくとも4017000万円です。運用型広告の50%のシェアを握っています。

 

そんなGoogle広告を知らないのは大きな機械損失じゃないですか?という話です。

 

非常に奥が深い分野でありますが、その中でもGoogleが提供しているスキルショップという教材を利用してGoogle広告を理解していくことが最初のステップとして有効かと思います。

 

Google広告認定資格

Google広告認定資格とは?

 

Googleが公式で提供しているGoogle広告への理解を深める認定資格です。アカウントを作り、スキルショップにアクセスすれば受験する事が可能な無料の資格になっています。

認定資格だけではなく理解を深めるための教材(eラーニング)や、理解度を測る模擬テストも何度も行ってくれるため、定着が非常にしやすい認定資格になっています。

 

Google広告認定資格は大きく分けて、

 

  • 検索広告
  • ディスプレイ広告
  • アプリ広告
  • 動画広告
  • ショッピング広告
  • 広告測定

 

6種類に分けられます。以前はGoogle広告の基礎という認定試験がありましたが、撤廃され6つのセクションごとに認定資格を得ることができます。

 

資格というと抵抗がある方も多いと思いますが、すでに資格は分厚いテキストを買って、会場に受けに行くという時代ではありません。

特にデジタルの世界では情報の鮮度が大事で、毎年情報が更新されていきます。

そのため基本的にはテキストや書籍よりGoogleの公式ヘルプを見たほうが有益です。

 

そもそもスキルショップの認定資格はほとんどが1年という短いスパンで更新を行っていく必要があり、日ごろから最新の情報をキャッチしなければなりません。

そのため知識の定着と切り替えが重要になってきます。

 

ちなみに、デジタルマーケティングの見識が真っ白な状態であれば以下の記事を参考にしてみてください。

参考>>デジタルマーケティングの基礎中の基礎を学ぶ教材

 

Google広告の認定試験を受けて感じたコト

 

メリット

 

  • 分かりやすい

 

何度は優しく図解や例を頻繁に提示してくれるため、途中で分からなくなるという事は少ないです。

同じスキルショップ内に個人アナリティクス認定試験(GAIQ)という資格試験がありますが、こちらより理解は容易です。

しかし1点だけ注意があって、分からない単語の意味はそれぞれでしっかり調べましょう。

 

  • 無料で何度も受けることができるし、履歴書に記載可

 

Google広告認定試験は正直、何回でも受験する事ができます。極論100回落ちても100回受験する事が可能です。

そのため勉強が極端に苦手な方でも安心して受験する事が可能です。さらにその際に受験費が発生することもないので非常にお手軽です。

 

そのお手軽さを持ちつつオフィシャルな履歴書に記載することができますし、「LinkdIn」のようなビジネス系SNSでの資格として有効です。

第三者に知識を証明するというのは非常に難しいため、それをアピールできるのも強みです。

 

デメリット

 

  • 座学になってしまう

 

GAIQのように動画レッスンやデモアカウントを用いての実際の操作感は学べないので、少し体系的な理解というのは難しいかもしれません。

基本はテキストベースになっており、実践においての感覚が掴みづらいかもしれません。

 

Google広告を学ぶ際は、実際にGoogle広告のアカウントを作って、並べて触りつつ操作感を落とし込んでいくのが良いでしょう。

テキストのみで学ぶより定着が図れます。

 

広告業界志望の就活生がGoogle広告認定資格に合格すべき理由

 

 

Google広告はビジネスに深く関わってくる。

 

現在の広告費分布を見てみれば分かりますが、インターネット広告費における運用型広告占める割合は8割を超えつつあります。

さらに運用型広告の中でも50%以上をGoogleが出稿しています。GAFAの一角であるGoogleの規模は非常に巨大ですが、国内において特に運用型広告では追随を許さない独壇場です。

 

画像引用:2018年 日本の広告費インターネット広告媒体費 詳細分析

 

ここまでGoogle広告がシェアを伸ばせたのは、Google広告が運用型広告として「管理の容易さ」「広告費の最適化」「関連性の強さ」に強みを持っているからだと考えています。

特に広告のターゲット設定や自動化については本当に秀逸です。

 

そしてこれらのGoogle広告の強みはどのような業種やチャネルにおいても強いメリットがあります。

例えば「ブランドの認知を拡大したい」「比較検討中のユーザーに働きかけたい」「購買意欲の強いユーザーに行動を促したい」などすべてのニーズに対応でき、実際の出稿も驚くほど簡単です。

 

このような強みを持つGoogle広告は今後もシェアを伸ばし、多くの人や業界に使われることでしょう。

つまり、それらの知識を持つという事はこれからのビジネスにとって優位に立つことができ、Google広告を有効活用して事業のスケールに繋げられることもあります。

 

そういった情勢を踏まえて、広告業界を志望している就活生でしたら持っておきたい基礎知識の1つになりつつあるという事です。

そんな中、知識の有無を客観的に評価してくれるのが無料のGoogle広告認定資格ですよと。

 

ぜひこの記事を読み終わったら受験してみてください。

 

まとめ

  

Google広告認定資格はアツい

 

正直、早めに受けて欲しい資格です。今回は広告業界を志望している就活生に向けて書きましたが、正直どの業界の人も受けていいと思います。それぐらい我々の日常に深く入り込んでいます。

単純に広告の世界は面白いですし、奥が深いから趣味で学んでみるのもおすすめだったりします。

 

ぜひ、Google広告をマスターしてみてください!

 

 

以上、なめこ汁がお届けしました。

まだエックスサーバーじゃないんですか?

エックスサーバー」は私が一番長く利用しているレンタルサーバーです。非常に堅牢高速でコレにしておけば間違いないという最高のサーバーです。初めてサイトを開設する人にはもちろん、これからより良いサーバーを求めている人にも使ってほしいサーバーです。ビジネスパートナーとしてあなたの人生をより豊かにしてくれるストレスフリーなサーバーと確信しております。この機会に「エックスサーバー」を利用してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事