【必修】Googleデジタルワークショップは履歴書に記載できる無料の最強資格だった件【認定書あり】

※この記事は2020年5月3日に更新されています。

 

結論:Googleデジタルワークショップは最高

 

Googleデジタルワークショップとは?

Googleデジタルワークショップ

 

 

GoogleデジタルワークショップとはGoogleが提供しているデジタルマーケティングの基礎を体系的に学べる講座と、その認定試験の事を指します。

 

このワークショップはオンラインビジネス戦略の考え方と同時に事例も交えて解説されているので、初心者向けの教材として理解が容易です。

UIも洗練されており、学ぶストレスもかなり軽減されています。そして現代のシームレスなライフスタイルでも手軽に学べるようにケース別で2~5分ずつの講座に分けられています。

 

昨今ビジネスシーンのデジタル化が加速しており、より一層デジタルマーケティングの必要性が叫ばれます。

そんな中、無料&手軽にデジタルマーケティングを学べるGoogleデジタルワークショップは貴重な学びの場です。

 

さらにこの認定証を取得し履歴書に記載することで、就職または転職活動の際に"デジタル マーケティングの基本"を理解していることをアピールできます。

世界最大級のビジネス特化型SNS「LinkedIn」などのSNSのプロフィールにも記載できます。

  

Googleデジタルワークショップで学べる事

学べる事一覧

 

 

ビジネスをオンラインで展開

 

  1. インターネット上でのビジネス機会
  2. オンラインで成功するための第一歩
  3. ウェブサイトの活用
  4. オンラインビジネス戦略の策定

 

ウェブ上でビジネスを簡単に見つけてもらえるようにする

 

  1. 検索エンジンへの対応
  2. 検索で見つけてもらう方法(SEO第1章)
  3. 検索の有効活用(SEO第2章)
  4. 検索連動型広告で情報を伝える方法(検索連動型広告第1章)
  5. 検索連動型広告の改善(検索連動型広告第2章)

 

ソーシャルメディアやモバイルで周辺地域のより多くの人々にリーチ

 

  1. 実店舗ビジネスのインターネットの始め方(実店舗ビジネス第1章)
  2. 実店舗ビジネスのインターネットの活用方法(実店舗ビジネス第2章)
  3. ソーシャルメディアの始め方(ソーシャルメディア第1章)
  4. ソーシャルメディアの活用方法(ソーシャルメディア第2章)
  5. 携帯電話(スマートフォン)の可能性について
  6. 携帯電話(スマートフォン)向け広告
  7. コンテンツマーケティングの実施

 

広告掲載でより多くの顧客にリーチ

 

  1. メールマガジンの活用
  2. ディスプレイ広告の始め方(ディスプレイ広告第1章)
  3. ディスプレイ広告の活用方法(ディスプレイ広告第2章)
  4. 動画の有効活用

 

ウェブのトラフィックを測定・評価

 

  1. ウェブサイト分析の始め方(ウェブサイト分析第1章)
  2. ウェブサイト分析の活用方法(ウェブサイト分析第2章)
  3. データ分析によるインサイトの発見

 

商品やサービスをオンラインで販売

 

  1. eコマースを構築
  2. インターネット上での販売促進

 

ビジネスをグローバルに展開

 

  1. 海外への展開

  

興味関心の開拓から学びへ

 

 

Googleデジタルワークショップはビジネスの始め方、宣伝、集客、考え方とビジネスの成長やキャリアの向上に役立つ学習コンテンツが用意されています。

これらを修了することによってデジタル世界でのビジネスの在り方を知る大きな入り口となる事でしょう。

 

Googleデジタルワークショップはデジタルマーケティングを知らない人に向けて、その興味関心の幅を広げる強い味方になってくれます。

つまりGoogleデジタルワークショップを自主的に受講した向上心が強い方は、ここで学んだことを起点にし、それぞれの興味を惹かれたトピックを深化させていってほしいということです。

 

実際にこの認定書が実務上で有利に働くことは少ないですが、その先の活躍の足がかりを確実に作ってくれます。

私はこのワークショップの一番の学びはそこにあるのではないかと思います。

   

Googleデジタルワークショップを修了した感想

 

 

メリット

 

メリット

  • デジタルマーケティングの基礎を学べる
  • 講座のクオリティが非常に高い
  • 2~5分の動画が多いので、社会人にもオススメ
  • 負担が少なくモチベーションが維持できる
  • 認定書という客観的評価をもらえる

 

Googleデジタルワークショップを受けるメリットは正直いくらでもあります。デジタルマーケティングの基礎を幅広く学べるほか、受講する負担も少ないです。

そのため社会人や多忙な人にすごくオススメできます。しかもそれぞれの講座はクオリティが高く、無料であるのが不思議なぐらいの出来です。

しかも履歴書に記載可能な認定書を得ることによって客観的な自信がつきます。とにかく受講しない理由はないです。

 

デメリット

 

デメリット

  • 解説がゆっくり過ぎる
  • 経験者や知識がある人には退屈
  • 日本語のニュアンス的な問題も多い
  • 設問によっては答えが定まらない

 

完璧に思えるGoogleデジタルワークショップにも欠点はあります。

 

  • まず解説がゆっくり過ぎる。これに関しては再生速度を1.5倍でOKです。
  • 経験者や知識がある人には退屈。本当に退屈です。
  • 日本語のニュアンス的な問題も多い。途中国語の問題もありました。
  • 設問によって答えが定まらない。謎に考えに困る設問が数個ありました。

 

など細かい所ですが様々あります。

ですが、これらデメリットを鑑みても全くもって問題ないぐらいGoogleデジタルワークショップは素晴らしい教材です。なのでデメリットはあまり気にしなくても大丈夫です。

個人的な意見になりますが、逆にこのようなデメリットが少しGoogleぽくって私は割と好きでした。

 

まとめ

 

なめこ汁
デジタルマーケティングを体系的に学ぼう!!

 

Googleデジタルワークショップはキーワードプランナーによると、最近注目を浴び始めているようです。

コロナの影響でビジネスをデジタル化する人が増えたからですかね。

これからもどんどんデジタル化は進んでいきますので、後れを取らないように早い段階からデジタルマーケティングの学びをスタートさせましょう。

 

その一歩目としてGoogleデジタルワークショップを利用してみてください。

 

 

以上、なめこ汁がお届けしました!

まだエックスサーバーじゃないんですか?

エックスサーバー」は私が一番長く利用しているレンタルサーバーです。非常に堅牢高速でコレにしておけば間違いないという最高のサーバーです。初めてサイトを開設する人にはもちろん、これからより良いサーバーを求めている人にも使ってほしいサーバーです。ビジネスパートナーとしてあなたの人生をより豊かにしてくれるストレスフリーなサーバーと確信しております。この機会に「エックスサーバー」を利用してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事