【初心者向け】PVが”6倍”になる映画ブログのキーワード付けを徹底解説!

 

※この記事は3月31日に更新されています。

 

普段ブロガーが記事を書く際に意識している事の一つに「タイトル付け」があると思います。検索流入を多くするためには、最も重要な箇所ですが意外とその付け方が分からないって人多いと思います。

今回はブログ初心者に向けて『キーワード選定』の極意を私の備忘録も兼ねて書いていきたいと思います。

 

なめこ汁
映画ブログのキーワード選定は結構難しめ!!

 キーワード選定の極意

記事の内容より先にタイトルを付ける

 

 

ブログ初心者が犯しがちなミスとして挙げられるのが「内容先行型の記事」です。

書きたい事を書くという意味では非常に重要なのですが、あくまで収益を考えているのであれは「タイトル先行型」の記事作りにシフトしていくことが賢明です。

 

ダメな例と解決策

  1. 自己満足な記事作成になる⇒ニーズを知る
  2. 競合ブログが強すぎる⇒槍の強みを知る

  

それでは、詳細と解決策を細かく説明していきます。

 

自己満足な記事作成になる

 

詳細

そもそもブログ記事で収益化するという事は、誰かに読んでもらわなければなりません。

そのためブログを読んでもらうためには相手の読みたいに答える必要があります。

せっかく作った記事でも読者にとって興味がない記事だとアクセスもされないのでPVも増えません。

つまり自己満足な記事では収益は望めないのです。

 

解決策

もし、収益を意識した記事作りをしたいのであれば”自分のニーズ”より“読者のニーズ”を汲み取りましょう。自分が知りたいと思っている情報が必ずしも読者が知りたい情報とは限りません。

「読者の知りたい」が書かれていない記事は自己満足に過ぎず、埋もれていきます。読まれる記事を書くために、読者のニーズをしっかり把握しましょう

 

でも読者のニーズを掴むって難しくないですか??
いいえ、専用のツールを使えば簡単です。
精査していくのは難しいですが、ニーズを知ると言う意味では非常に簡単です。

ここで私が普段から"読者のニーズ"を掴む時に使っている便利なツールを紹介します。

 

読者のニーズを知るツール

 

 

 

キーワードプランナー

 

Googleで検索されているキーワードの平均検索ボリュームと競合性の高低などを教えてくれます。

例画像のように映画と関連のあるキーワード候補と、それが指定の期間中にどれだけ検索されたか競合はどれぐらいいるのか表示されていますね。

広告を出稿しないと具体数を見ることはできませんが、ブログ初心者において大体の数を把握できるのは非常にありがたいです。

 

具体的な数値を知りたい場合

キーワードプランナーで掘りたいキーワードを抽出する

検索数予測ツールなどで調べる (例.aramakijake.jpなど)

 

 

 

関連キーワード取得ツール

 

GoogleYahoo!などの検索サジェスト(候補)に出てくるキーワードを教えてくれるツールです。

分かり安い表示に加え、Yahoo!知恵袋などの質問も載せてくれるので、読者が探しているモノを見つけやすいですよ。

 

参考>>関連キーワード取得ツールの使い方は?サジェストでお宝キーワードの発掘方法を解説

 

 

OMUSUBI

 

 

キーワードの関連性が体系的に分かる優れもの。検索する人の頭の中の思考回路がパッと見で分かりやすいです。キーワードもかなり選びやすいのではないでしょうか?

ただ、平均検索ボリュームや競合の数値を見ることができないので他のツールと併用して使うのが望ましいです。

 

参考>>関連キーワード検索ツール「OMUSUBI(おむすび)」によるSEO対策

 

 

Ubersuggest

 

関連ワードや、詳細な検索平均ボリュームCPC、流入見込みなどを教えてくれます。

SEOの難易度やSEOの最適解を教えてくれる素晴らしいサイトです。

キーワードプランナーがお金を払わないとすべての機能が使えないのに対して、非常にリーズナブルで高機能のツールです。

 

参考>>Ubersuggestの使い方|無料で使える最強SEOサジェストツール

 

なめこ汁
いろいろキーワード選定できるツールがあるんだね。

 

これらのツールを使って正確なユーザーのニーズを把握すれば、より”見たい”に寄り添った記事作りができると思います。

余談ですが、平均検索ボリュームを参考にして、不人気キーワードを知ることができれば、そのキーワードを上位狙いであえて攻めたり捨てたりなどの行動の選択肢を増やしたりもできますよ!!

 

どちらにせよ、読み手のニーズを知ることは非常に大事で、そのブログの検索流入に大きく関わってきます。

これからは記事を作成する時は「読み手のニーズに沿ったキーワード選定」を心がけてみてくださいね。

 

競合が強すぎる

 

 

詳細

映画、アニメなどのエンタメ関連のブログは"参加の敷居低い""ネタが豊富"という事で競合がめちゃくちゃいます

それこそ何年もかけてSEO対策をして、コンテンツを網羅した歴戦の猛者がたくさんいるわけです。

そのなかで開設したばっかのブログが勝てるはずないですよね。

 

例えば、「ダークナイト 感想」

 

という2キーワードで上位を狙って書いたとしても、その戦場に待ち受けるのは映画.comFilmarksなどの大将級の強者です。そんな軍隊のようなブログに槍を一本持って真っ向勝負しても敵うわけがありません。

競合が強すぎるとブログが伸びないとはそういう所にあります。

 

解決策

せっかく映画ブログを始めたのに、感想もかけないんじゃやる意味がない!

と思う方もいるでしょう。しかし考えてみてください。

我々に大手ブログのような巨大な戦力はないけれど、その代わりに槍一本だけしか持っていないという強みがあるんです。

その足軽のような軽快さを活かして、飄々と隙間のキーワードを狙っていくことはできないでしょうか?

 

実は…できるんです!!

 

隙間キーワード

公開 ずっと先 映画
登場人物 幼少時代 家
登場人物 俳優 住居
映画 聖地 店 おすすめ

 

これらのキーワードって凄く隙間っぽくないですか?大手のメディアが書かないような「本当に検索する人いるの?」っていうレベルのキーワードですよね。

 

これらの隙間キーワードは平均検索ボリュームがかなり少ないです。上位表示されてもあまりアクセスがないかもしれません。

しかし、ブログ始めたての初心者はPVを稼ぐより、上位表示される感触を味わってみるのが最優先です。

 

ブログを始めたての頃はなかなかアクセスが来ない日が続くと思います。

そんな中、自分で書いた記事のキーワードを検索して、1番目に自分の記事があったりしたら非常に嬉しくてモチベーションに繋がりますよね?

尚且つ、上位表示させるキーワードを選ぶ感覚とかも掴めると思います。良い事尽くめです。

 

ポイント

そもそもSEOで最も重要とされる外部リンクを多く獲得するためには、人の目に触れなければなりませんのでそういう意味でも上位表示させるのは大事ですよね。

 

 最後に

 

あくまで今回の記事は質のいい記事を作る事が前提になっています!!

そこを忘れずに頑張りましょう!!

 

  

以上、なめこ汁がお届けしました!!

おすすめの記事